次期プラズマシミュレータについて


 プラズマシミュレータの更新時期が近づいて参りました。現行のシステムは、令和2年2月28日をもって運用を終了し、令和2年6月1日より次期システムの運用を開始する予定です。次期プラズマシミュレータは、日本電気株式会社の SX-Aurora TSUBASA A412-8 を大規模並列型計算サーバとしたシステムとなります。運用期間は、令和2年6月1日から令和7年5月31日の5年間です。


SX-Aurora TSUBASA A412-8の性能 
総主記憶容量 202TB
総演算性能 10.5PFlops
ベクトルエンジン(VE)数 4,320
1VEあたりのコア数 8
1VEあたりの主記憶容量 48GB
1VEあたりの演算性能 2.4TFlops
ノード間転送速度(双方向) 10TB/s

外部記憶容量 32.1PB
   

 本システムは、核融合科学研究所の「プラズマシミュレータ共同研究」に申し込み、採択されることによって利用することができます。また、これまでのLHD数値解析サーバーはプラズマシミュレータに統合されました。

 プラズマシミュレータ共同研究については、核融合科学研究所共同研究のページをご覧ください。(令和2年度の申し込み締め切りは過ぎていますが、上記の共同研究は通年受付も行っています。)

参考資料
1. 次期プラズマシミュレータシステム概要
2. NEC SX-Aurora TSUBASA紹介資料